個人的多趣味嗜好に則り、基本的には要らないことを中心に独善的かつ主観的に色々とレビューをしていこうかと。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
宙のまにまに
2006-07-13 Thu 21:04

?

?


 主人公の大八木朔(おおやぎ さく)は小学校1年から2年間過ごした街へ、7年ぶりに帰ってきた。

 この街には、朔の元ご近所さんで星が大好きな1つ年上の女の子、明野美星(あけの みほし)が住んでいる。幼い頃散々美星に付き合わされた挙句、腕を骨折してしまった朔は、そのことにトラウマを抱えていて、この街には帰ってきたくなかった、と嘆いている。


 しかし、入学直後に2人は思わぬ形で再会し、幼少時の誤解が解けたことでトラウマも解消され、朔は美星に誘われて、美星の所属する天文部へと入部することになる。


 そこに、美星のクラスメイトにして保護者とも言える、矢来小夜(やらい さよ)、朔に惚れてしまったため朔と一緒にいたいがために入部した、朔のクラスメート蒔田姫(まきた ひめ)(←美星にライバル心)、病弱部長の路万(ろま)の5人で天文部の活動がスタートする。


そこに朔のクラスメートで写真部の江戸川正志(えどがわ まさし)や、密かに朔に気があるのでは?とかそんな感じがして止まない、美星と天文部を目の敵にしている文芸部で生徒会長の琴塚文江(ことづか ふみえ)(←ふーみんっていわれると怒る・笑)などが加わって、ドタバタやらかすラブコメ漫画です。


?

画像左:大八木朔

   右:明野美星


?

画像左:矢来小夜

  中央:蒔田姫

   右:琴塚文江



簡単な感想。


 冒頭からトラウマがどーのこーとという話が出てきたので、そういう方向に話を持っていくのか?と思いきや、非常に明るく爽やかな開になっていて、とても好感触です。

 また、天体に関する知識や説明もちゃんとあって、ラブコメ漫画ではあってもきちんと「天文部」という部活が機能してる点もいいです。

 キャラクターも性格等できちんと描き分けがしてあるので、分かりやすいところもいいですね。


 ただ一つ気になるのは、画がどうにもどっかでみたことのある画に見えてしまうこと。絵は綺麗だし可愛いんですが、これといった特徴がないのが残念。ってか、美星が「すもももももも」の九頭竜もも子(くずりゅう ももこ)と被ってしまうんですよね。天真爛漫;突っ走り系のキャラはどうしても似てしまうものなんでしょうか?


?

画像:九頭竜もも子



 まぁ、なんにせよ、面白いです。買ってみても損はしないよ?というくらいのハイクオリティ。

 天文好きの人も、そうでない人も、読んでるとなんとなく星空を眺めてみたくなる・・・そんな漫画です。


スループ評価 ★★★★☆

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<貧乏姉妹物語 | 多趣味=素敵  | これからは>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 多趣味=素敵  |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。