個人的多趣味嗜好に則り、基本的には要らないことを中心に独善的かつ主観的に色々とレビューをしていこうかと。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
新月譚 月姫  佐々木少年
2006-08-29 Tue 06:35

衝撃の3巻より早幾月・・・

秋葉とシエル先輩の戦いに

いかなる決着が下されるのか・・・



 ってなわけで、大きな画像を探している間にメンテ期間にはいってしまい、ふてくされながらペルソナやってたら朝でしたww


 閑話休題。早速本題に入ります。


 今巻の最大の特徴と言えば、オリジナルルートともいえる、秋葉vsシエル先輩!!これしかないでしょう!!


 メルブラとか死なない女と反則技を持つ女、凄い組み合わせです。


 それにしても、やたらとグロいシーンが続きます。



指が吹っ飛んだシエル先輩・・・



いきなり自らにトドメを刺させるシエル先輩・・・

(一瞬殺し屋1の井上が頭に浮かんだことは内緒だぞ!!)


思わずなんじゃこりゃァ!!!?


と叫びたくなるような格闘シーンは終結し、束の間の日常シーンへ


ここから志貴が自分がロアではないのか?と、疑心暗鬼を抱き始める。


それを知ってか知らずか、シエル先輩が志貴に接触、志貴がロアではないこと、そしてロアを探しにこの学校へ潜入していたこと、催眠術で・・・などと、色々カミングアウト。有彦達の記憶を消して学校を去る。



カミングアウトだ、シエル先輩!!


アルクェイドともどうにか和解(というかなんというか)し、また探索を始めようとした矢先、お互いが体調不良となり、探索は唐突に終了。


仕方なく家に帰ろうとする志貴に、敵が現れる!!


しかもその敵も志貴と同じく「線」が見えている!!


その場はどうにかシエル先輩に助けてもらった志貴。


その敵がロアであることを知る・・・



とりあえず「」ってくらいネタバレ全開でレビューをしてみたわけですが、とりあえず原作やってない人へのネタバレはやめておきました。


本編をやったのはもう2年以上も前なので大分と忘れてしまっているのですが、4間の最後に現れた敵ってあいつだったか?と、ふと疑問に思ってしまいました。記憶って曖昧なものです・・・



スループ的評価=★★★★

いや、面白い。原作から無駄を省いたつくりになってる分、読みやすくていいです。まぁ「お部屋をお持ちします」とかは入れておいて欲しかった気もしますがww

今のところ、誰のルートを通るのかがいまいち釈然としませんが、願わくば翡翠だけは勘弁。あれはもういい・・・本当にもういい・・・

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<2つの3 | 多趣味=素敵  | FF3-1>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 多趣味=素敵  |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。