個人的多趣味嗜好に則り、基本的には要らないことを中心に独善的かつ主観的に色々とレビューをしていこうかと。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
金色のコルダ 13話
2006-12-30 Sat 05:57

というわけで、宣言通り金色のコルダで復帰戦です。

とはいうものの、このアニメで一番楽しみなのが


snapshot20061228051807.jpg


「リリのワンポイント・クラシック」

なあたり、自分でもどうか?と思ってしまう今日この頃・・・

それでは早速書いていこうと思います。

あ、念のため書いておきますが

「私のレビューは捏造系っつーか、正直ネタ系なので基本的に本当の事は出てきませんので予めご了承ください」

さてさてコルダといえば、

前々回から我らの救世主?ともいえるであろう御大

snapshot20061220020027.jpg



「ブラック柚木」


が前面に出てきて、久し振りに面白くなってきた感じです!!

やっぱ柚木はこうでなくちゃ!!

閑話休題


ついに第3セレクションの課題が発表されました。


snapshot20061228050408.jpg



第3セレクションの課題は


「新たなる挑戦」


snapshot20061228051118.jpg


「新たなる挑戦・・・中々に難しいテーマね・・・」


そんな風に悩むカホコに我らがブラック柚木が牙を剥く!!


snapshot20061228051442.jpg



「第3セレクションからは


 パフォーマンス


 が重要になってくるらしいよ?」



snapshot20061228051454.jpg



「え゛っ!!?

 パフォーマンスですか?」



「そうだよ。

 どうやらただの演奏じゃ差がつかないらしいんだ。

 僕らの演奏レベルが拮抗してるって事らしい」



「そうなんですか・・・

 (しめしめ、これはいいことを聞いたぞ)

 それにしても、パフォーマンスですか・・・」



「なんでも、斬新なものほどいい点数をもらえるらしい。」

snapshot20061228051537.jpg



「そ・・・そんなの急に言われたって困りますよ!!

 一体どんなことすればいいんだろぅ???」



snapshot20061228050316.jpg



「僕はフルートを足で吹こうと思ってるんだ」


snapshot20061228050332.jpg



「え゛っ・・・!!!?

 (フルートを足で!!?それじゃ斬新でもなくただの馬鹿じゃない!?・・・・・はっ!!これはもしかして釣り!?釣りなのか!!?騙されるな!騙されるな私!!)

 それは確かに斬新なパフォーマンスですね(苦笑)」



「僕は前回4位だったからね」


snapshot20061220014911.jpg



snapshot20061220020617.jpg



「今回はなんとしても勝ちに行くよ!!」



「(な・・・なんだ、柚木のこの迫力は・・・まさか、本当なのか!!?・・・いや、ありえない、ありえるはずがない!!しかし、奴の眼からして本気で来るぞ!!・・・どうする?とりあえず他のやつの出方を待つか・・・)

 それなら私も負けていられませんね・・・」



「お互い頑張ろうじゃないか

 (引っかかったなww)」



「そうですね、頑張りましょう

 (そう簡単には信用しないっての!!)」



「このことは他の人には内緒だよ?」


「勿論。私もライバルは出来るだけ減らしておきたいですから

 (そんな事言ってる辺り、怪しいんだよゴルァ!!)」




snapshot20061228051105.jpg



「日野・・・先輩・・・」


「なぁに?志水君」


「日野・・・先輩は・・・どんなパフォーマンスを?」


snapshot20061228051118.jpg



「え゛っ!!?

 (何でコイツパフォーマンスの事知ってるんだ!!?)

 パフォーマンスってなんのこと?」



「第・3・・セレクションでは・・・パフォーマンスが重視・・・されるみたいだから・・・」


「どうしてそんなこと知ってるの?」


「僕の・・・姉も・・ここの出身で、コンクール・・・経験者だったんです・・・だから・・・今回のテーマも・・・そんな感じだったし・・・」


snapshot20061228051118.jpg



「(何ィィィ!!!柚木の情報よりも信憑性はかなり高いぞ!!しかも、こいつはいつも眠そうな頭の悪そうなガキ、騙しているとは思えない!!)

 そ、そうなんだ!!

 私・・・なにしようかな~」



「僕は・・・チェロを・・・ヴァイオリンみたいに弾いてみようと思うんです・・・だから・・・パフォーマンスが被らないように・・・こうして、先にお知らせしておくんです・・・」


「分かったわ、私は私で別のものを考えておくから大丈夫よ

 そうとなったらこうしちゃいられない

 何やるか急いで考えなくちゃ

 それじゃ~ね~~」



「(柚木の話は本当だったのか・・・急いで対策を練らなければ・・・)」


・・・・・


・・・





snapshot20061228051105.jpg



「これで・・・いいんですね・・・?」


snapshot20061220020027.jpg




「勿論だ・・・よくやってくれた・・・

 それにしても、君も相当な悪だね」



20061230053442.jpg



「貴方ほどではありませんよ」


なんと、柚木と志水は仕掛け人だったのだ!!

それにしても、この2人ノリノリである。



一方自分が騙されたことなど微塵も疑っていないカホコはパフォーマンスをどうするか考えながら街中をウロウロしていた。

すると、どこからともなくヴァイオリンの音色が聞こえてきた。

考え事に夢中になっていたカホコは、そこが街中であることも忘れ、無意識のうちにヴァイオリンを弾く真似をしてしまっていた。


snapshot20061228050129.jpg



はっと気が付いた時にはストリートパフォーマンスと勘違いされ、人だかりが出来ていた。


snapshot20061228050144.jpg


snapshot20061228051118.jpg



「こ・・・これだ!!

 最近流行のエア・ギター・・・それをヴァイオリンでやるんだ!!

 セレクションにそもそも楽器を持っていかないという斬新さ!!

 これは行ける!!」



snapshot20061228050110.jpg



「勝てる・・・勝てるぞ!!!www」




完全におかしな方向にいってしまったカホコ

それを見てほくそえむ柚木志水

どのみちもう首位争いには加われそうもない冬海ちゃん。

なんか誰も騙さなくても斬新なパフォーマンスを披露してくれそうな火原先輩。

同じイニシャルR・T(月森はLらしいけど)を持つ天才児にして正反対の土浦月森

様々な思惑が入り乱れ、運命の歯車は狂い続けたままいよいよ第3セレクションへ!!!

次週、乞う御期待!!








・・・・・すいません。

完璧にアイデアに詰まりました。

エア・ギターネタを半端に引っ張ったのは失敗でしたね・・・

ま、いいか。

そういや、ひとつだけ謎な部分があるんですが


・・・・・

・・・



コイツ誰?



qq.jpg



にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<フィナーレ記事(今年の) | 多趣味=素敵  | 一周年記念だコラァァァ!!!>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 多趣味=素敵  |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。