個人的多趣味嗜好に則り、基本的には要らないことを中心に独善的かつ主観的に色々とレビューをしていこうかと。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
Kanon 1~9話
2006-12-02 Sat 02:19

コードギアスやら、おとぼくやらのTB送るのに色々なブログ、サイトを覗いてたらやたらと「泣ける」という語句が多かったので、ここ最近見てました。

以下に感想等を書いていこうと思うのですが、どうにもこうにも期待にそぐわない感じになりそうです。敵を作りたくはないのでとりあえずネタ記事は書きませんが、まぁ、そういうことです。

(※というわけで、信者の方とかは精神衛生上よろしくないと思われるのでここらで回れ右することを
オススメします。)

というわけで、あそこまで婉曲表現を用いたにも拘らずこのページを覗いてしまった貴方はきっとこの作品をみて気に食わなかったか、或いはそもそも見てないかどちらかですね。

私の結論としては、


「原作をやってる人には堪らない作り」


なんだと思います。

私も原作のゲームをやってたら今頃悶絶し、また号泣していたかもしれません(まぁ、ないけど)

そう書いたってことは、まぁ、泣けなかったってことで・・・


というか、私は基本的に感動物が嫌いです。
いや、嫌いではないです(どっち?)

風景にも音楽にも感動しますしね。

それに、熱いストーリーにはやったら感動します(「うしとら」とか「ダイ大」とか)

ただね・・・
痛々しい感動系は駄目なのよ・・・
駄目っていうか、嫌いなんです。

「そうら、痛々しいだろ?胸に響くだろ?感動するだろ!?
 そうだ、もっと感動しろ!!泣け!!!泣くのだ!!!!」

なんか、製作者のそんな意図が伝わってくるようで、拒絶反応を起こしてしまうのです(ひねくれてるんです)

なもんで、どうにも「泣きゲー」と呼ばれる類が駄目です。


で、当のカノンなんですが・・・

普通に面白いです。
正直、1・2話あたりは「うぐぅ」とか言ってるのを聞くと北斗神拳かましたくなったり、あの「あはは~」って笑う3年生は出て来る度に苛々しますが、まぁ、我慢して仕切れないことはないです。

もともと奇跡とか何とかそれ系の話なんだろうなぁ・・・
なんて思ってたので、あぁいう展開になったところで特に驚きませんでした。


でも、あの母親が「とっともドロかないってどういうこと!!?」

第9話をみてていちばんおどろいたところです。
「母は・・・強し(違)」


ということで、なんだかんだでつまらなくはないので最後までは見続けようと思いますが、多分感想書くのはこれが最初で最後だと思います。

まぁ、そんなところです。
スポンサーサイト
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<コードギアス反逆のルルーシュ 8,5話 っていうか総集編 | 多趣味=素敵  | 困った・・・>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 多趣味=素敵  |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。