個人的多趣味嗜好に則り、基本的には要らないことを中心に独善的かつ主観的に色々とレビューをしていこうかと。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
一騎当千 完結編
2006-11-06 Mon 06:08

というわけで、結局一気に最終話まで見てしまいました。

それなりに面白かったですよ。

まぁ、途中から話を大きくしすぎてよくワケの分からない方向に突っ走っていってしまったのがなんとも言えず微妙ではありましたけど・・・

一個前の記事のところに主人公は夏侯惇で~~って書いたんですが、なんか序盤で出てきましたね夏侯惇・・・思いっきり馬鹿キャラだったし・・・基本基本って・・・意味わかんねぇよ!!

そして、あの玉じ(漢字わかんない)にしても、そもそも董卓はもってないから!!あれ発見したのは孫策の父親の孫堅文台だから!!

まぁ、そもそも歴史解釈を持ち出すことそれ自体が間違ってる気もしますね・・・

だいたい、呉の武将だった韓当、黄蓋は出てこないし、程普は既にリタイア状態・・・どうやって今後を乗り切っていくのだろう?どうかんがえても魏に滅ぼされそう・・・

でも、まぁ何だかんだで関羽しか出てこなかった蜀に比べればマシか・・・

でも、どのみち董卓存命中にはこの3国はどこも成立しませんでしたから!!

・・・空しい

そういや、最後にひとつだけ・・・

今作における、周瑜の役目っていったいなんだったんだろう?
お目付け役としては全くの無能だったし、初期らへんに実はかなり腕が立つ、とかいわれてて微妙に天上天下の高柳(弟)的キャラを期待してたわけですが、結局雑魚戦以外はボコボコにされるだけ・・・彼は一体何がしたかったんだろう?

と、まぁ、なにやら批判的な文章が続いていますが、歴史認識をどうこう言わなければ普通に良作だったと思います。



なによりもエロいしねww



そういや楽就さんって初期状態では孫策よりも強かったんだぜ?と、思わず主張してしまう人はクリックお願いいたします

にほんブログ村 アニメブログへ
スポンサーサイト
別窓 | アニメ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<おとぼく 第5話 | 多趣味=素敵  | 一騎当千>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 多趣味=素敵  |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。