個人的多趣味嗜好に則り、基本的には要らないことを中心に独善的かつ主観的に色々とレビューをしていこうかと。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ひぐらし感想文F
2006-08-17 Thu 05:00
長きに渡る、ひぐらし感想文シリーズ(まぁ、2日くらいで書いたわけですが・・・)もいよいよF・・・つまりファイナルとなりました。

僕は書き続けると何処までもダラダラ書き続けるというどうしようもない悪癖があるので、そろそろスパッと終わろうと思います。


「新」とか「α」とかは出ないよ!!・・・きっと
完結編くらいまでで・・・・





というわけで、総括。
とりあえず、よかった点と悪かった点などを羅列していきます。

良かった点。

・シリーズ唯一のハッピーエンド
(ハッピーエンドなのかどうか疑問は残るが・・・)
悪魔のシナリオさえなければ罪滅し編もハッピーだったんですけどね・・・
とにかく、ハッピーエンドがいいよ。うん。
皆殺し編とか絶対ハッピーエンドにならないんだろうなぁ・・・って勝ちそうな状態でも構えを解かなかったら案の定超絶バッドだったし・・・


・文量
いや、もうお腹一杯読ませていただきました。
よくこれだけの文章を書けるもんだと感心しっぱなしですよ。
中弛みがなかった、というのも素晴らしかったです。


・随所にちりばめられたネタ
バスターホームランで爆笑でしたww
あとは、赤坂の口癖
「給料いくらだ」


・どうにか薬に現実味を帯びさせようと考えられたストーリーの数々
前作では結構叩かれまくっていた謎の新薬。
これをどうにか、ありえそうなものとするために歴史問題まで持ってきて色々書いてたのは凄いなぁ・・・盧溝橋事件とかマジかよ!!と思いましたもんww


では、反対に悪かった点。

・奇跡が起こってしまったこと
個人的には羽入にはあそこで退場してもらいたかった。オヤシロ様として・・・

ってか、それ以外にもたくさん・・・「奇跡」とかが出てくると、ミステリーとかの物語って途端に物凄く安っぽくなってしまうんですよね・・・
(勿論「赤坂が助けに来る」とか、ありえる可能性がある「奇跡」(と呼べるのか?)は凄く熱くて大興奮ものでした!!あぁゆうのは歓迎です)


・異様に強すぎる部活メンバー
正直ここが一番ゲンナリ。
地の利を生かしたトラップ合戦は笑って読めるけど、緊迫感を感じない分本当の意味で楽しめたかといわれると・・・

ってか、魅音強すぎ!!
ってか、山狗隊長が弱いのか?
それにしても、空気投げとか出されてもなぁ・・・あれって、かなりの達人がそれでも十年とか修行して会得出来るか出来ないかの大技なのに・・・

ってか、あれなら正直皆殺し編で普通に戦って勝てたんじゃ?


・勝利条件の明確化
分かりやすいという点では良かったんだけど、誰か一人でも欠けたら勝てない=誰も死なない・やられない、っていうのがもうバレバレだったし、妙に強い部活メンバーのこともあって、あぁ・・・ってな感じでした。


・微妙な後味の悪さ
真の悪役(野村だったっけ?)には何の被害もないこと。
北条兄妹の殺人。
イリー。犯罪は脳の病気とかいっておいて、自分も普通に犯罪(人体実験)に加担してた。


こうして書くと、悪い点ばかりが目立ってしまうような気もしますが、それは仕方がないことです。
悪い点、というのは何処が悪い!!とか、具体的なものを示せますが、良い点、というのは抽象的なもので、どこ何処が良かった!!とか具体的なことを言いづらいものなのです。

なので、ここで宣言しておきます!!(今更ですが)


「ひぐらしは面白かった!!」


もっと~~してほしかった!!とか、そういうのは挙げたらキリがないわけで、でもだからそれを満たしてない作品が面白くなかったか?といわれたらそんなこと全然!!

一度読んだモノは2度読み返さない主義なので、もう読むことはないとは思いますがこの2年半(前半部分のソフトが出たときからなので)というかなりの長期にわたり、この作品をリアルタイムで楽しめたことは幸せと呼べるものだった気がします。


で、最後に一言。

「惨劇に挑め!!」

って煽っといて

「惨劇なんてない」

ってどういうこっちゃ!!!?
少なくとも3年目の崇りはどう考えても惨劇です(古手梨花の母)
ってか、4年目のも悟史は少なくとも沙都子のぬいぐるみを買うまで正常だったわけだしそれならモロに惨劇じゃん!!!悲劇とか言うてる場合とちゃうよ!!

まぁ「散弾銃の辰」がかっこよかったので全て水に流すことにしましょう(笑)


ってなわけで、引き伸ばした割には完結編に行かずに終わってしまいました。本当は「スプー」とか「メイド・イン・へヴン」(QUEENなのかJOJOなのか!?)とか赤坂のセリフがなんか武技言語(ShadowSkill)っぽかったりとネタは尽きませんが、どう考えても尽いてこれる人もいない気がするので、この辺でお開きにします。

シリーズモノとしてはあまりにも一気に、しかもダラダラと長文を書いてしまったわけで、最後までお付き合いいただきまして本当にありがとうございます。
スポンサーサイト
別窓 | ひぐらし | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<犬ガンダム 地上編  唐沢なをき | 多趣味=素敵  | 平成武装正義団  山口貴由>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
top↑
| 多趣味=素敵  |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。